読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駆け出し革屋は常識を知らない

滋賀の片田舎で革細工。実験、作成、時には遊び。

フォレオ終了!撮影に挑む!

 MATCH Leather Works でございます。

 またもや長浜市は雪が降ってきたりやたらと寒かったりでツラい日々であります。いっそ地球にエアコンつければいいのに。
 寒さが厳しすぎて作業場が暖まりません。ファンヒーターにエアコンフル稼働させてやっとですからね。もう冬は罰ゲームと言っても過言ではありません。

 

フォレオ無事終了致しました!

 少し遅くなりましたが、フォレオこだわり手作りマーケット無事に終了致しました。足を運んで下さった皆様、お買い上げ頂いた皆様、本当にありがとうございます!フォレオには初参戦でしたが、親切なお隣様達に助けられて感謝の限りです。

f:id:matchlw:20170208231501j:plain

 こんな感じで軒下に出店する事が出来たので、残念な雨もなんとか凌げました。前述しましたが、お隣様に本当に恵まれました。普段ぼっち野郎なので、会話が沢山の楽しい時間が本当に嬉しかったです。

 次の出店は彦根で開催の恋するマルシェ。冷え込みがまだハンパないですが、こちらは屋内開催ですのでご安心を!

作品撮影のお時間です

 さて、今年は大きなマーケットでの出店にチャレンジしたいと思っています。滋賀に住んでる自分としては、ヘムスロイドの杜まつりとアートインナガハマ。で、思ったよりも近かった都市、名古屋で開催のクリエイターズマーケット。特に地元長浜で開催されるアートインナガハマには出店させて頂きたい。

 地元民、頑張ってますよ!出店させて!

 で、こういったマーケットは先着順という訳ではないようで。

 「作品の写真を送ってちょ!」

 …との事です。

 まぁそうですよね。どこの馬の骨ともつかないヤツをおいそれと出す訳にはいきませんもの。ある程度どんなヤツなのか知っておかなくてはいけません。当然です。

 しかし、私はカッコよく写真を撮るなんて事は出来ません。正直構図とか考えるのが激しく苦手です。ならばどうするか?

 そうです、助けを呼びます!

カメラのプロに来てもらいました

 はい、私は卑怯者です。カメラマンをやってる友人にお願いして、わざわざ滋賀まで来て頂きました。もう土下座レベルの感謝です。足を向けて眠れません。大量の機材を抱えてきた彼をメシアと呼ばずになんと呼べばよいでしょう。

 色々セッティングをしてくれているのですが、さっぱり何をしているのかわかりません。光を調整しているとか色温度がどうとか様々。「あ、時間かかるから煙草吸ってたらいいよ」と言ってくれますが、恐れ多くてそんな事出来ません。そそくさとコーヒーのおかわりを準備します。

 今回は紅殻の大財布とカラフルなライターケースを撮影して頂きました。扱っているカラーリングが極端なので、雰囲気も両極端な感じで。

 紅殻のイメージは赤。なんとなく昔の花街のような雰囲気で。カラフルは革っぽくないモダンな雰囲気。所謂イメージ撮影というヤツです。作品何点かをまとめて撮るだけならなんとかなりそうなので、印象に残るようなイカしたヤツを撮りたかったのです。

 さて、どうなったのでしょう。

f:id:matchlw:20170208224300j:plain

 紅殻の大財布。何故か家にあった番傘が大活躍です。私はこの一枚が猛烈に気に入っています。A4に引き伸ばして額に飾ろうかとマジメに考えてますからね。

f:id:matchlw:20170208224301j:plain

 もう一枚はこちら。Gメン'75的な並びと影がステキです。こちらもステキ。色々撮り倒してフォトブックでも作ってやろうかと思ってしまいます。

 お願いしてよかった。自分では撮れない作品の表情が見られて本当に幸せです。ありがとう!

 あとは「他にもこんなの作ってるよ」って全体的な写真を撮って出店申し込みをするのみ!

 頑張ってますよ!出店させて!(二回目)

 そして嫁様の同僚様がリボンのブローチはないのか?とお聞きなので、色々作ってみました。

f:id:matchlw:20170208224303j:plain

 巨大なヤツと普通なヤツ。この際だからしばらくの間はリボン祭でも開催しようかと思います。ブローチとヘアゴムの大量製作。

 だってリボン可愛いもの!

 帽子やら鞄やら服やらなんでもござれ。可愛いは正義だ!そんな訳で寒さを凌ぎながら、リボンを黙々と作るマンになろうと思いました。

 

 お付き合い、ありがとうございました。