MATCH Leather Works の All That's BANZAI !

べんがら革屋の色々

ポップなPOPを作ろう!

 MATCH Leather Works でございます。

 先日は夜に嵐のような風雨に見舞われました。ガタピシいってる傾きかけの我が家の心配をしてたら、空いてる窓発見。そこだけ屋外レベルのビショビショっぷりです。自然怖い。

 はい、そんな訳で今日も今日とてギリギリの感じで頑張っています。週末の日曜には、マキノピックランドにて開催のメタセコイアマーケットに参戦しますよ!アウトレットセール開催なので掘り出し物を掘り出しまくって下さいませ。

農業公園マキノピックランド(農事組合法人マキノ町果樹生産組合)

 HAKOを押し出そう

 はい、見出し通りです。私が超カワイイと思ってずっと作ってる「HAKO」シリーズ。全然伸びてくれません。まぁ自分がいいと思ってるモノがヒットするかは別だという事はわかってますが、さすがに少し寂しい。ですので、もっと無駄にプッシュしてやろうという取り組み。

 まずは什器ですが、先日作ったペケ台は「HAKO」シリーズに占有させます。特設会場です。独壇場ですよ、コイツ等の。HAKOばっかりにしてやります。きっと今までは低い所や隠れた感じになってたのが悪かったんだ。きっとそうだ。

 そしてPOPを作ります。やっつけじゃないちゃんとしたヤツを。最大推しのべんがらシリーズですらまだ作ってないのに。なのでPC前で延々と作業。結果がコイツ。

f:id:matchlw:20170602210429j:plain

 カ ラ フ ル !

 いいですね、カラフル!ずっと使ってなかったイラストレーター起動させてみるもんですよ。ちゃんとイイ紙も使いましたし。

 ここでちょっとした小技ですが、写真を見て頂ければラミネート加工してある事がわかるかと思います。でも私はラミネーターを持っていません。「じゃあどうやったんだよテメェ」という話ですが、実は家にあるモノでなんとかなるんです。

 ア イ ロ ン!

 そう、アイロンです。ラミネーターって要は熱処理をしてる訳で。なので、アイロンで熱加工してやればOK。まぁ私もネットで調べて試してみたのですが。

 注意点はアイロンを100℃前後に設定する事とちゃんと当て布する事。当て布はまぁ当たり前っちゃ当たり前なんですが、温度設定はとっても大事だそう。ラミネーターって100℃くらいで作業してるらしく、それより低いと接着しないし高過ぎると気泡が出てボコボコするそうです。実際100℃設定(アイロンでいう「低」)で試したらバッチリでした。

 これでラミネート加工がはかどるぞ!もといHAKOをプッシュ出来るぞ!

 あとPOPスタンドも作ってみました。買えばいいんだけど、田舎には売ってないし通販は時間が掛かり過ぎる。だったら作ればいいの精神でやってみたら200円で出来たという恐ろしさ。なんとかなるもんだなぁ。

f:id:matchlw:20170602210447j:plain

汝、ボウタイを愛せよ

 頼んでいたボウタイ用のパーツが届いたので、早速作成したべんがら仕立てのボウタイ。

f:id:matchlw:20170602210454j:plain

 はい、ラヴリーです。超カワイイですしカッコイイです。自分用に一つ作ったんですが、ダイエットを決意させてくれました。鏡の中の自分に殺意が芽生えたのは久しぶりですね。という訳で、どこかのイケてる英国紳士がコレを身に着けて夜の社交界に赴かれる事を夢見ております。むしろ自分が着けて行けばいいんですが。どなたか呑みに連れてって下さい。

 

 お付き合い、ありがとうございました。