MATCH Leather Works の All That's BANZAI !

長濱レザーのMATCH Leather Works

コインケース「CHIBI」はカワイイのだ!

 MATCH Leather Worksでございます。

 実は昨日は結婚記念日でした。にも拘わらず大した事もせず普通に過ごし、あまつさえ嫁様にプレゼントをもらってしまうという有様です。なので明日は嫁様とデートをする為に店を閉めるという個人事業主にしか出来ないパワープレイを行います。どうか御容赦を。

 さて、今日愛を叫ぶのは嫁様にではなくコイツ!

f:id:matchlw:20191118214754j:plain

 現在イチ推しのコインケース「CHIBI」でございます!

 これね、正直カワイイんです。ポケットに放り込んでずっとスリスリニギニギしてしまう危ないヤツです。デザインとしてカドがないので、手に引っ掛かる部分がない。つまりスリスリしやすい。そして手のひらサイズの長方形なのでニギニギしやすい。結果スリスリニギニギしてしまうのです。
 丸っこい柔らかフォルムなので女性にはもちろん男性にもオススメです。なんせスリスリ出来ますから。

 さて、ここまでだと「なんだ、変態スリスリオヤジか」と思われてしまいますのでマジメな事を書きましょう。

 横長、底浅デザインの為、とてもコインを探しやすい。サイドをキュッとつまむと大きく口を開くので、視認性は抜群です。

f:id:matchlw:20191118215346j:plain

 これだけ開くのに中のコインが確認出来ない!と思ったらだいぶ視力が落ちていると思われますので眼科へ向かいましょう。それくらいハッキリ中を見る事が出来ます。底も浅いのでコインもとってもつまみやすい。レジ前で「アレ?1円玉がないよぉ…」とガチャガチャ財布を漁るなんて事態にはなりません。

 そしてこのコインケースのキモと言える部分は縫製です。

 革細工、一般的には貼り合わせて縫う事が多いです。が、これは一切貼りません。むしろ貼ったら作れません。前胴パーツと背中パーツに同じ位置同じ数の縫い穴を開け、位置を合わせながら縫います。その際に革の裏と裏を合わせて袋にするのではなく、裏と表で合わせて縫うのです。

f:id:matchlw:20191118220306p:plain

 こういう状態ですね。ややこしいのはカドの丸くなる部分。丸くなるように伸ばしたり調節したりしながら縫っていきます。服飾でいう「いせ込み」に近い縫いと言えばいいのでしょうか。失敗するとキレイな形になりません。頑張って縫ってます。普通に縫うよりかなり気を遣うので、実は作るのが大変だったりします。

 で、仕上がるとこんな感じ。

f:id:matchlw:20191118220734j:plain

 はい、カワイイ!

 とってもカワイイ!

 しかもこの縫い方のおかげで自然とマチが作られます。おおよそコインが20~25枚くらい。このサイズにして充分な収納力です。それでも「もうコインがいっぱいだよぉ…」という方、整理をしましょう。日常生活でそんなにコインが必要なシーンはゲーセンで連コインする時くらいです。

 そんなイカしたコインケース「CHIBI」は長濱レザーは勿論の事、カラー展開も始めました!

f:id:matchlw:20191118221223j:plain

 はい、カワイイ!

 カワイイは正義ですよ、正直!

 

 そんなコインケース「CHIBI」は価格改定してお求めやすくなりましたよ!


 是非この機会にどうぞ!

 お付き合いありがとうございました。

自宅作業場で極小ペストマスクへの愛を叫ぶ

 MATCH Leather Worksでございます。

 なんとかかんとか無事に一周年を迎える事が出来ました。

 これも全て応援してくださる皆様と舌打ちしながらも助けてくれる嫁様と彼女のお茶漬けを茶碗ごと放り投げる息子氏と遊んでるように見せかけてかなり頑張ってる自分のおかげです。ありがとうございます。

 さて、一周年を迎えて「コレは変えなければ」と思う事がひとつ。

 

 も っ と 宣 伝 し よ う ぜ !

 

 という事です。

 なんかアレなんですよ。「ウチは凄いよ!いや、ホント!絶対ソンしないから!ホントだって!ねぇ!」とか言ってたら胡散臭い雰囲気あるじゃないですか。

 だから控えめに「皆様のおかげでございます、拙作ですがご覧ください」とか言ってた訳です。でも拙作だったら別に見なくていいじゃないですか。むしろ自信満々で「サイコーにカッコいいの出来たよ!ねぇ見て!」って方が見たくなると思うんですよね。

 なのでこれからは大声で「ウチのはいいぞ!」と言います!

  で、今回は布教したいアイテムがあります。

 そう、みんな大好きペストマスクです。

f:id:matchlw:20190817231257j:plain

 「いや、お前長濱レザーの職人じゃねぇのかよ」という声、ありがとうございます。その通りでございます。でもね…

 

 好 き な ん だ よ !

 

 だから今はいいのです。その辺の思いはグッと飲み込んで、今はペストマスク。

 とは言ってもアレですよ。いくら好きだからって毎日被っている訳にはいきません。コンビニでコーヒー買おうとしても通報されるし市役所で住民票もらおうとしても通報されるし困っている外国人さんに道案内してても通報されるでしょう。

 そんな時はこの子の出番!

f:id:matchlw:20191105201258j:plain

 極小ペストマスク!!!

 どうです、メチャカワですよこの子達!キュート of キュートですぜ旦那!サイズ感は写真を見てもらえば一目瞭然。一円玉サイズでございます!

 正直作るのかなり大変です。目とか手先とか肩とかメッキメキのバッキバキですが、産みの苦しみドンと来いです。だって可愛いから!!!

 そんな訳で今日は【極小ペストマスク】のお話。

f:id:matchlw:20191105201739j:plain

 見てやってくださいよ、ピアス状態の彼を。なんと堂々とした佇まいなのでしょう。コレが耳からぶら下がってクリフハンガーごっこしてる訳ですよ。もう最強じゃないですか。霊長類最強クラスと言っても過言ではありません。

 言ってみれば金持ちの家の壁から飛び出てる鹿の剥製みたいなもんですよ。なんかアレって「どうだよ、凄いだろ!」と無言の圧をかけてくる感じがしますよね?しませんか?私はします。だからこの子もきっと凄いパワーを持ってるハズ!「オレは強い」と言いたくなる事間違いなしです!

f:id:matchlw:20191105201744j:plain

 少しだけマジメな事を言うと、ミニチュアサイズのペストマスクは他にも製作されている方がおられるでしょう。が、通常サイズと同型、同縫製のアイテムは現状自分は見た事ありません。だいたいデフォルメされてます。だって作るの大変だもの。量産してたら脳味噌イカれてしまいそうだもの。でも量産してるんですよ、私。

 そんな素敵なこの子はピアスだけじゃないんです。

f:id:matchlw:20191105202702j:plain

 ピアスとして写真を載せてますが、取付金具を交換すればイヤリングやキーホルダー、根付にネックレスとなんにでもなってしまうサイコーにイカしたチャーム。それがこの子【極小ペストマスク】なのです!

 男の子だってプリキュアになれる時代です。男性だってピアスで装着しても勿論OK!ホントは私も着けたいのですが、残念ながら化膿しやすい体質の為イヤリングにして休日のオトモになってもらっています。

 キーホルダーや根付にしてカバンにぶらさげてもインパクト抜群!ペストマスク愛好家のみならず、少しでも「カワイイ!」と思った全ての人にオススメです。

f:id:matchlw:20191105203630j:plain

 ちなみに購入していただくと、こんな箱に入れてお渡ししております。現ロット分の箱は実は手作り。箱の図面引いて厚紙をチョキチョキして作ってました。次回ロットからは外注しますけども。さすがにそこまで手が回らないので…

 さて、ここまで書いておきながら難点がひとつ。

 

 製 作 が 大 変 !

 

 そう、大変なんです。縫製も大変ですが切り出しも大変!なのでとっても時間がかかっていました。その分価格も大きさに対して少しお高め…

 で す が !

 現在MATCH Leather Works、産業革命を起こしております。自分の推しアイテムをもっと皆様に手に取っていただきたい!…という訳で一部アイテムに近代兵器を導入する事にいたしました。

 今月中旬くらいには新体制での製作に入れる事でしょう。そうなれば極小ペストマスクに価格改定が入ります。その辺に関してはTwitterや通販サイトにて近々発表していきますので、乞うご期待。

f:id:matchlw:20191105205014j:plain

 インパクト抜群、一円玉サイズのチャーム【極小ペストマスク】

 一人でも多くの方にこの子の可愛さを伝えられますように!

 販売ページはコチラ!

 

 お付き合いありがとうございました。

カイジュウショウ終わってしばらくして

 MATCH Leather Worksでございます。

 おおよそ一か月ぶりのブログ更新。いやはや、文章書いてる時間がなかなか取れないという言い訳をしながらモンハンの攻略サイトを覗いております。

 とりあえずお礼を申し上げたいのです。

 カイジュウショウ、御来場本当にありがとうございました!!

f:id:matchlw:20190909223805j:plain

 書きたい事はたくさんあるのですが、とにかく「ありがとうございました!」しか出てこないのは有難過ぎて語彙力が低下しているからです。
 全国各地から長浜においでいただき、本当にありがとうございます。至らぬ点も多々あったとは思いますが、皆様が笑顔であった事が何よりも今後の励みになります!

 印象的だったのは「滋賀でこんなイベントをやってくれてありがとう」という言葉だった。東京や大阪まではやはり遠いし、滋賀でこういった催しの開催を望んでいる人はいる。需要がある事はわかった。あとはどう開催していくかだ。
 また、作家陣の作品をもっと見てもらう為の工夫ももっと頑張らねばならない。せっかくスンゴい事してる長浜の作家さんに展示してもらってるんだから、もっとゴリゴリ紹介させていただいてもよかったのかもしれない。

 悩む事はたくさんだけど、これを糧に次回の企画を練っていきたいと思います。

 とりあえず、カイジュウショウvol.2は開催するつもりです!時期に関してはまだ未定ですが、全体的に色々見直して更に楽しくなるよう頑張ります!

 本当にありがとうございました!

カイジュウショウってイベントをやります

 MATCH Leather Worksでございます。

 台風を無事にやり過ごした後もビックリするくらい暑い毎日、皆様いかがお過ごしでしょうか。こちらはエアコンをガンガンに効かせてアジトに閉じこもっているので、なんだかヒキコモリなっている気がしないでもない毎日です。

 さて、今日はウチの裏稼業であるマスク作り関係のイベントのご紹介を。

f:id:matchlw:20190817214814j:plain

 ◆◇異形コスプレ交流会&展示即売会、カイジュウショウ!◇◆

 滋賀の片田舎、長浜では異形コスプレなんて人の目が…というアナタに朗報です。中庭付きの日本家屋で異形コスプレ交流会を開催いたします!
 異形、マスク、着ぐるみ、ガワコス…なんでもありのコスプレ交流会。自慢のコスに身を包み、ワイワイ騒ぎながら夏を見送りませんか?

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 ・カイジュウショウ vol.1

   会場:レンタルスペース松橋

   OPEN:10:00~ 入場無料!

  ※作家陣の展示即売あり!

  ※ペストマスク争奪ベイブレード大会あり!

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////   

 

 …というユルいイベントであります。

 少々解説していきましょう。

 

 ①会場は駅前の日本家屋レンタルスペース

 今回の会場は【レンタルスペース松橋】様。日本家屋&中庭&モダンな離れという超絶雰囲気のよい会場様です。のんびり過ごすには最適だと思われます。
 とっても素敵な場所ですが、いくつか注意点を…

  a.駐車場がありません

 会場には駐車場がございません。長浜駅徒歩3分の会場なので、電車でおいでいただくのが一番ラクです。車でおいでの場合は有料にはなりますが、駅前にある平和堂系列スーパー【モンデクール】の駐車場がオススメです。

  b.暑い!

 エアコンはもちろん使いますが、着替えスペースを予定している母屋二階には残念ながらエアコンがございません。お着替えの間だけどうか御容赦ください…
 エアコンが使える場所はしっかり効かせますし麦茶等飲み物の御用意はいたしますが、各自暑さ対策をお願いいたします。

 …上記二点に関して、どうぞご理解いただきますようお願いいたします。

 会場へのリンクはコチラ!

 ②作家陣の展示即売受注

 長浜在住作家陣の展示即売受注も行っております。新進気鋭の異形系作家の作品を実際にご覧いただけますので、是非この機会に御堪能ください。
 以下に作家陣のご紹介を…

 

 ・クラッチ(着ぐるみ)

 着ぐるみ製作歴4年。
 異形頭、着ぐるみ、人外等を作ったり描いたり。
 着ぐるみヘッドのオーダーも可能。

f:id:matchlw:20190817230454j:plain

f:id:matchlw:20190817230504j:plain

 ・ユゲアヤカ

 独創的なキャラクターと色使いのポップアートを描くアーティスト。
 2018年から絵画やイラストなど、平面デザインを中心に活動。
 真っ白なアイテムにアドリブで描くペイントアートもパフォーマンスとして行う。
 絵画・イラストの発注やオーダーペイント受付中。

f:id:matchlw:20190817230733j:plain

f:id:matchlw:20190817230737j:plain

f:id:matchlw:20190817230740j:plain

f:id:matchlw:20190817230745j:plain

 ・MATCH Leather Works

 長浜市に工房を構える革作家。
 べんがらと柿渋で塗装を施したオリジナル皮革「長濱レザー」にて革小物を製作。
 平行してペストマスクを中心としたレザーマスクの製作を行う。
 正面からの撮影にも耐えるシルエットの美しさを追求。

f:id:matchlw:20190817231257j:plain

f:id:matchlw:20190817231302j:plain

 作家陣は現状このような雰囲気です。
 もしかするとイカした和菓子屋さんが何か持ってきていただけるかもしれませんし、ゴリゴリに写真撮影してくれるイケたメンズが来てくれるかもしれません。
 是非その辺も楽しんでいただければ幸いです。

 ③ペストマスク争奪ベイブレード大会、開催!

 当日13:30、ベイブレード大会を開催します。
 優勝賞品は、MATCH Leather Works謹製ペストマスクをプレゼント!
 開催時間までにエントリーをお願いいたします。

 開催まではフリーバトルが可能なので、練習やカスタムをお楽しみください。

 ※当日はレンタルベイもございますので、お気軽に御参加くださいませ。

f:id:matchlw:20190817231652j:plain

 ルール

 エントリー者でのトーナメント戦

 ①1on1の3pt先取
 ②スピンフィニッシュ:1pt←長く回っていた方が勝ち
  オーバーフィニッシュ:1pt←場外に弾き飛ばす
  バーストフィニッシュ:2pt←ベイを分解させる

 ※引き分けの場合(ex.どちらのベイが先に止まったかの判別が難しい場合等)は双方にポイントを加算。

 勝利を勝ち取って、ペストマスクをゲットせよ!

 

 同時開催、タイムアタック

 「戦うのはちょっと…」というアナタに朗報!回転時間勝負のタイムアタックも開催いたします。

 ルールは簡単!誰が一番長くベイを回せるか、というスタミナ勝負!

 優勝者には極小ペストマスクをプレゼントいたします!

f:id:matchlw:20190817232739j:plain

 そんな感じのカイジュウショウでございます。

 参加者の皆様で写真撮影を楽しんだりまったりとお喋りに興じてみたりベイブレードを遊んでみたり作家陣のアイテムを見てみたり、といったイベントでございます。

 初開催ですので至らない点は色々出てきてしまうかと思いますが、次回開催に活かしていきたいと思いますのでご意見お聞かせいただければ有難いです。

 開催まであと2週間!

 どうぞよろしくお願いいたします!

 

 お付き合い、ありがとうございました。

 

ブログ、再開しますので改めて

 MATCH Leather Worksでございます。

 超絶お久しぶりでございます。

 全くもってブログを書く気にならず「これはいかん」とサイトからもリンクを外していたのですが、よく考えたら「自分が好きに文章書ける場所ってここしかなくね?」と思い直したので復帰いたします。

 今まで完全放置していて申し訳ありません(土下座)

 初めましての方もお久しぶりの方もおられると思うので、改めて簡単にMATCH Leather Worksのウリを書いておこうかと思います。

 

 ・世界最古の赤色顔料といわれるべんがらを刷毛で何度も重ね塗りした「長濱レザー」を使って革小物を製作

 長いけどウリと言えば完全にコレです。

f:id:matchlw:20190812233646j:plain

 細かい説明をすると物凄く長くなるので「長浜の昔の家で使ってた塗料を革に塗ってるぜ!」と簡単に覚えてもらえればOKです。御興味お持ちの方は当サイトをご覧ください。一応ちゃんと書いております。

 実はかなり手間のかかる工程を施しております。

 これが漆なら黒桟革という超高級レザーとかなり似た技法になるのでしょうが、ウチの塗材ベースは柿渋です。漆でやってみようかとも思ったのですが、湿度管理が相当大変だし工程の増加で価格もエラい事になるだろうからやめました。

 どちらにしてもこの方法での塗装を行っている革は、自分が確認した限りでは他にありませんでした。頑張ってます。

 自サイトでの通販以外にも、長浜市ふるさと納税返礼品としても取り扱われております。是非ご指名いただければと思います。

 例えば下リンクはCMでよく見る「さとふる」さん。

 そして、それ以外の顔も持っています。サイトには書いてない裏の顔。

 それは…

f:id:matchlw:20190812233805j:plain

 レ ザ ー マ ス ク の 製 作 !

 もう完全に真逆の趣味の世界です。所謂ペストマスクをメインに製作をしております。「何やってんだコイツ」と思われるかもしれませんが、カッコいいんだから仕方ありません。

 「マスク類をアクセサリの一つとして市民権を持たせる」という壮大な野望を持っているバカタレです。風邪や花粉症のマスクも色や生地などで差別化が図られる昨今、ハーフマスクからなら徐々に浸透出来るんじゃないですかね?「あら、あのマスクは〇〇さんトコの次男坊ね」といった感じの個人のアイコンになるかもしれません。

 ちなみにマスクに関しては、長濱レザー以外にも様々なカラーや型押しのものを使います。合皮だって使います。カッコ良かったらオールオッケーであります。アイホールカバーは塩ビプラ以外にもポリカーボネイト2mm板も選べますので、安全面に考慮が必要なサバゲーやLARPにも採用いただけるシーンがあるのではないでしょうか。

 一応専用通販サイトのリンク置いときますね。

 サバゲーの話題ついでにエアソフトガンのグリップ革巻きも行っております。

f:id:matchlw:20190812234554j:plain

 品性など彼方に置いてきた、と言わんばかりの下品さがサイコーです。とくに真ん中のヤツ。銃の種類や形状、巻く素材によって条件は色々変わりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせを。

 要は…

 ・滋賀県長浜市から失われそうな風習を残す為に独自技術でそれを伝えたい革屋

 ・ペストマスクをメインにマスクを作ってる革屋

 ・エアソフトガンのグリップに革巻いたりする革屋

 そんな感じの認識をしていただければ大丈夫。それがMATCH Leather Worksです。長浜市にある工房(私はアジトと呼んでいます)に遊びに来ていただければ全てに触れる事が出来ますので、滋賀においでの際はお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 独自技術の長濱レザー、イカついぜペストマスク、オレのエアガンに革を巻いてくれ!

 すべての皆様、お待ちしております。

f:id:matchlw:20190812235436j:plain

 

写真じゃ伝わらない

 MATCH Leather Worksでございます。

 なんか猛烈に寒くなっております。もう4月も中旬なんですけどねぇ…どうしてストーブを使うなんて事になってしまうのか。地球、大丈夫?

 そんな訳で今日も製作に集中出来るアジトでした。要はお客様が来ないって話なんですけどね。

 革製品って確かにいいお値段します。しかもウチの場合完全ハンドクラフトなので量産品のようにはいきません。少し手のかかるものは一日一個出来ればいい、という場合もあります。そう思うと敷居高いですよね。

 今のご時世ネットでいろんな製品を調べる事が出来ます。日本だけじゃなくて世界中のいろんなモノがモニタ越しでチェック可能。

 その情報のほとんどが写真です。

 ネットでの購入は写真の印象がほぼ全て、と言っても過言ではないだろうと個人的には思っています。カッコいい写真で心をくすぐるのは当然だし、モノの魅力を引き出すにはビジュアルイメージはとても大切です。

 なのでウチも「カッコいい写真撮りたいなぁ」と思う訳です。頑張って写真撮るんですけど、なんだか上手く伝わる写真が撮れないんですよね…

 で、気付いたんです。塗装のヌメり感というか、ほんの少し立体感のある雰囲気とかが伝わらない、と。自分の写真の腕が悪いと言ってしまえばそれまでなんだけど、やはり何か違う。ちゃんと実物を見て欲しい。

 美しさを正確に伝えたい、そして「イメージしてたのとなんか違う」という悲しい失敗も防げる。何より長濱レザー製作の背景にある地域の事やその現状も直接お話出来る。

 長濱レザーは美しいと思う。が、使われている塗装剤やその背景はおそらく全国的に馴染みが薄く、たくさんの説明を要してしまう。だから、実際に目で見て、手に取って、背景を感じて欲しい。写真だけでは伝えきれないのだ。

 御興味をお持ちの皆様。サイトや通販ページを見ていただけるのは土下座をしたくなるくらい猛烈にありがたい事です。もしお時間と距離が許されるなら、実際に実物を見ていただきたい。土下座もスライディング土下座にランクアップする事間違いなしです。

 ファミコンをしながら、おしゃべりをしながら、地域の事を話しながら、長濱レザーをもっと身近に感じてもらえれば幸いです。

 アジトで会える事を心待ちにしております。

 

 お付き合い、ありがとうございました。

文章だけでも書こうと決めた

 MATCH Leather Worksでございます。

 さて、まったくと言っていいほどブログを更新出来ていません。写真がイイ感じに撮れないとか面白ネタがないとか言い訳ばかりが先行してますね、確実に。

 最近のブログの傾向として「映え」る写真がないとイマイチ書く気にならないし読んでもらえないような気がします。そもそも全然更新してねぇクセに偉そうな事気にしてんじゃねぇよ、って話ですが。

 元々文章を書く事が多かったので、長文を書く事自体は苦ではありません。ある意味いくらでも書けます。でも革細工の事だけを書き続けるのはちょっと大変…

 そんな訳で、写真がなかろうが革細工の事でなかろうが色々書いていきます。店主の趣味やらボヤきやらのしょーもない事もガシガシ混ざっていきますので、どうぞよろしくお願いします。

 自分にとって長濱レザーの製作およびそれを用いた作品づくりはとても重要なものです。ですが、それだけを続ける必要はないんじゃないか、と最近思うのです。いろんなジャンルに踏み込んで知識や経験を吸収して、また作品づくりに転化させていくべきではないか、と。なんでもやる変な革細工の職人がいる、という方が面白いですしね。

 そんな訳で、今後はガシガシ興味のある事を前に押し出して活動します。革屋というより「なんでもモノづくり屋」といった所でしょうか。手工芸だけではなく、今まで押し込めていた芸事方面にも頑張っていきたい所です。

 で、今興味があるのはLARPというジャンルのものです。凄く乱暴な説明をすると、体験型ロールプレイングゲームとでも言えばいいのでしょうか。自分がキャラクターとなり装備品を身に着けてNPC達と会話しながら目的を達成していくゲームです。これって自分の趣味と実益を兼ねているように思うのです。

 ・シナリオを考える事が出来る←元台本書き

 ・プレイヤーとして演技をしていく←元役者

 ・装備品を用意する必要がある←革屋の仕事および造形(こっちは素人)

 という訳です。いい革製装備が作れれば販売に繋げる事が出来るし、そこから自分の本来の取り組みも見てもらえる。プレイヤー・シナリオライターとして芸事の欲求も解消する事が出来る。一石二鳥じゃないですか!

 個人的に注目しているLARP、ボチボチ進めていこうと思います。ちなみにアジト2Fを開放してLARP装備開発研究部を進めていく予定。これに関しては「素人が頭寄せ合ってナイスでステキな面白装備を作ろう!」がコンセプトなので、当方素人です。仲間募集中!

 なにはともあれ、今後はいろんな活動を堂々とやっていきますのでどうぞよろしくお願いいたします。

 

 お付き合い、ありがとうございました。